Q&A

Q、散骨は法律違反ではないのでしょうか?     どのような法律と関係するのですか?

「散骨」についての法律といえば、まず「墓地、埋葬に関する法律」があげられます。この法律は昭和23年に施行されたもので、「墓地以外の埋葬、火葬場以外の火葬」を禁止しています。しかし、埋葬されない焼骨がどのように扱われなければならないかということまでは規定していません。当時は、勝手に土葬して伝染病が広がったりすることのないようにという公衆衛生上の問題であって、今日の「散骨」というような葬送方法は考えられていなかったのでしょう。


Q、刑法上の問題はないのでしょうか?

法務省は「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」との見解を表明しています。刑法190条の「遺骨遺棄罪」に当たるのではないかということですが、葬送のために遺骨(遺灰)を撒くことは「遺棄」には当たりません。故人の遺言や遺族からの承諾があって、節度をもって行われれば問題はないという事です。


Q、「節度をもって」とはどういうことでしょうか?

遺骨を捨てるというような行為としてではなく、葬送の一つの方法として行われることが必要でしょう。
お骨は科学的にはカルシウムであり、環境汚染とは無縁のものです。しかし、インドのガンジス川のように、隣で人骨が流されているところで沐浴もしているというような環境ではありませんから、散骨する場所については、住民や漁民の感情に十分配慮して行うべきであると私たちは考えています。また、火葬したお骨を丁寧に細かく砕き、粉末状にしておくことも必要だと考えています。



Q、海洋汚染についての問題は無いのでしょうか?

「廃棄物処理法」や「海洋汚染防止法」などでは、汚染物質について考えられていますが、遺骨(遺灰)の主成分はリン酸カルシウムであり問題ありません。散骨に際して形見を投げ入れたりすることは、たとえ汚物物質でないとしても控えた方が良いと考えています。遺骨(遺灰)は水溶性の紙に包んで散骨し、花についてもできるだけ短く処理した上、献花しております。




 ~私たちは「海」から生まれ還るべきなのです~
人間は母なる「海」から生まれ還っていくのです、長年、海に慣れ親しんできた私たちは、海がどんなに大きく豊かで、心をなぐさめてくれるものかということを実感しています。死後の居場所として、壮大で深遠な生命の起源である「海」に帰還することは、一つの選択肢であると考えています。



自然葬・散骨の会

愛する人と送る人の思いを形に・・・

母なる源、福岡の美しい海へ、

 
-Copyright © 2003 自然葬・散骨の会-